熱帯魚

飼育

ブログ

nettaigyo

Author:nettaigyo
熱帯魚飼育と飼い方、
水槽から水草の熱帯魚ショップ、
熱帯魚種類とグッピーやテトラなどの育て方全般について。
リンクご自由にどうぞ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼い方

熱帯魚飼い方として、
まず基本となる水作りをします。

水は水道水をバケツにいれて、
カルキ抜きのために、ハイポを入れます。
(ハイポは熱帯魚ショップなどで100円前後です。)

ハイポが無い場合は、ベランダに一日出して、
直射日光にさらして下さい。


そして、重金属を取り除くためにアクアセイフを
適量入れ無害化します。

水をよく混ぜ、10分くらい置いておきます。
そして、ゆっくりアクアリウム水槽に水を入れます。


お店で売っているような天然水などは
水槽には使用しないで下さい。

アルカリ性である場合が多く、ペーハーショックを起こすので、
熱帯魚の飼育水としては、あまり好ましい水ではありません。
(熱帯魚は弱酸性~酸性を好む種類がほとんどです。)

熱帯魚水槽

熱帯魚水槽は、
なるべく大きめの物を使用します。

小さい水槽は、大きい水槽に比べて
すぐに水質が悪くなりやすいので、アクアリウム環境が悪化し
熱帯魚が死んでしまいやすくなります。

小さな熱帯魚水槽では、
上級者でも育てるのが難しいです。

小型魚数匹と、エビやタニシや水草など
入れられる数もごく少数に限られてきます。

40cm~60cm水槽くらいの大きさが育てやすいです。
できれば、60センチ水槽や大型水槽がよいです。

水槽

水槽の種類には、
黒ぶちのもの、濾過器やライトと一体型のもの、
ふち無しデザインのもの、斜め水槽などがあります。

素材では、
プラスチック製やガラス製があります。

熱帯魚店に行き、
どのようなタイプが自分の好みか、かっこいいかなど、

水草や淡水魚が入っている
水槽の実物をよく見てみるとよいです。

| 熱帯魚 |


 熱帯魚 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。