熱帯魚

飼育

ブログ

nettaigyo

Author:nettaigyo
熱帯魚飼育と飼い方、
水槽から水草の熱帯魚ショップ、
熱帯魚種類とグッピーやテトラなどの育て方全般について。
リンクご自由にどうぞ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベタ

ベタは、闘魚(トウギョ)と呼ばれており、
オス同士を同じ水槽にいれると
戦いだし、もう一匹を殺してしまいます。

ベタの中でも見た目が美しいものは、
ショーベタ(ショウベタ)と呼ばれています。

ベタ画像
beta.jpg

アクアリウムショップでは、
コップや小さい熱帯魚の水槽に入れられている事が多いですが、
普段、飼育する場合は
ある程度の大きさの水槽とろ過装置など
飼育セットを一式そろえて、飼いましょう。

ベタには、ラビリンス器官(補助呼吸器官)があるので、
水面に口を出し、直接空気をとりこみ
呼吸する事ができます。

主な種類には、
ベタスプレンデンスやトラディショナルベタ、
ベタインベリスやベタトゥシアエなどがいます。

産卵時にオスが水面に泡(泡巣)を作り、
そこにメスが産卵するという種類もいます。

通販

熱帯魚通販は、
私も利用したことがありますが、

熱帯魚店の対応もしっかりしており
きちんと包装されていました。

10匹、20匹購入すると、
ときには、1~2匹死んでしまうことも
たまにあるそうですが、
ある程度はしょうないのかもしれません。

熱帯魚通販でクリスタルビーシュリンプや
水草、ヒーターなどよく売れているそうです。

淡水エイや珍しい種類のコリドラスなど
近所のお店にいない種類を
扱っている所もあるので
見るだけでもおもしろいです。

熱帯魚店

熱帯魚店にいくと、
そのショップによって値段が違うことがわかります。

同じネオンテトラやカージナルテトラ、
オトシンクルスやエンゼルフィッシュが売っていても

倍ぐらい値段が違うこともあり
驚くことがあります。

おもに、都内の熱帯魚店やアクアリウムショップは
土地代や家賃、人件費が高いためか、

熱帯魚の淡水魚や水槽と水草などが
値段は高いことが多いです。

都心から少し離れた多摩や
他の都道府県などの熱帯魚店では、

格安の値段で売られていることが多いです。

| 熱帯魚 |


 熱帯魚 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。