熱帯魚

飼育

ブログ

nettaigyo

Author:nettaigyo
熱帯魚飼育と飼い方、
水槽から水草の熱帯魚ショップ、
熱帯魚種類とグッピーやテトラなどの育て方全般について。
リンクご自由にどうぞ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベニーパファー

アベニーパファー(マーブルアベニーパッファー)は、
淡水フグ(淡水ふぐ)の中でも塩分が不要の、純淡水フグです。

生息地は、インドやスリランカの池や湖や沼です。
価格は、一匹200~400円前後です。

アベニーパファーの餌(エサ)は、
人口飼料にはなかなか餌付かないので、
冷凍赤虫を与えてください。
貝類も好み、水槽についている小型のスネールも食べます。

フグ類は、すぐお腹がすいてしまうので、
一日2回与えてください。

混泳について、
同種間や他魚と、よくケンカや小競り合いをするので、
アベニーパファーがいじめていないか

逆に、泳ぎの速い熱帯魚
アベニーパッファーがいじめられていないか、
チェックしてあげて下さい。

流木、水草やウィローモスをたくさん入れて、
水槽レイアウトを複雑にした方がよいです。

ペーハーショック

ペーハーショックとは、
水槽の水のph(ペーハー)が急激に変わり
熱帯魚にショックや大きな負担をかけてしまう事です。


酸性の水の水槽に、アルカリ性の水を入れると、
淡水魚や金魚がペーハーショックを起こし、

フラフラと泳ぐ、水面に浮く、
泳げなくなって沈む、キリモミ状態などになったりします。

熱帯魚にストレスが加わり、
病気の原因になったり、
餌の食いつきが悪くなる場合もあります。

一度に大量に換水する場合は、
熱帯魚にかなりの負担になり
ペーハーショックを起こしやすくなります。


お店で売っているような天然水などは
水槽には使用しないで下さい。

アルカリ性で、ペーハーショックを起こすので、
熱帯魚にとって、好ましい水ではありません。
(熱帯魚は弱酸性~酸性を好む種類が大半です。)

| 熱帯魚 |


 熱帯魚 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。