熱帯魚

飼育

ブログ

nettaigyo

Author:nettaigyo
熱帯魚飼育と飼い方、
水槽から水草の熱帯魚ショップ、
熱帯魚種類とグッピーやテトラなどの育て方全般について。
リンクご自由にどうぞ。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーター

熱帯魚ヒーター
温度設定ができるサーモスタットと
接続して使用します。

空焚き防止機能がついていたり
一定の水温を保つオートヒーターも便利ですが、

白点病の時、温度を上げる事ができる
ヒーターとサーモスタットとの一体型が
より一層便利です。

中型水槽や大型水槽の場合は、
片方の熱帯魚ヒーターが壊れても大丈夫なように
二本設置するとよいです。

もし壊れてしまった時に
低温になり熱帯魚が死んでしまう事態を
避ける事ができます。

古代魚

熱帯魚古代魚として代表的な肺魚(ハイギョ)には
オーストラリアのネオケラドトゥスや
アフリカのプロトプテルスなどがいます。
名前の通り、肺呼吸ができて、
生きている化石と呼ばれています。

古代魚のガーパイクには、
アリゲーターガーやスポッテッドガーなどがいます。
かなり大型になり、空気呼吸でき
鼻の部分が長いという特徴があります。

ポリプテルスには、ポリプテルスセネガルスや
エンドリケリーエンドリケリーなどがいて、
恐竜のような見た目の特徴をもち、
アフリカに生息しています。

古代魚であるアロワナには、
シルバーアロワナやブラックアロワナなどの
種類がいて大型魚に属します。

ピラルクーは、世界最大の淡水魚で、
南米のアマゾン川流域に生息し
空気呼吸できます。

ナイフフィッシュは大型の熱帯魚で、
名前の通り、体型がナイフのような曲線を
描いています。

| 熱帯魚 |


 熱帯魚 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。